子どもか!?

 症状が悪化したため、眼科に行ってきました。
 
 診断はアレルギーではなく、ウイルス性急性結膜炎・・・・
喉頭の腫れも確認されたので、これから高熱の出る可能性が大きい
ようです。これっていわゆる「プール熱」ってやつですよねぇ・・・・

 急性中耳炎に続いて、プール熱って、子どもか!?

 大人としての抵抗力は一体どこに行ってしまったのだろう、と嘆いて
いてもはじまらないので、気合を入れて(!)休養します。

 来月初め、関西遠征予定なので、健康にご利益のある神社・お寺
めぐりでもしようかしら。(苦笑)

# by sakura-3rd | 2008-01-15 23:30 | 体調&徒然 | Trackback | Comments(0)

映画館で観てはいけない

d0137604_193468.jpgマリと子犬の物語

 ある日、新潟県山古志村で暮らす
石川家に生まれたばかりの子犬が
やって来る。役場に勤める父の優一
(船越英一郎)は幼いころに母を亡く
した亮太(広田亮平)と彩(佐々木麻
緒)の兄妹がその子犬を“マリ”と名
付け一生懸命面倒をみる姿を見守っ
ていた。やがてマリは成長し3匹の子犬を生むが、そんな幸せな一家を大きな
地震が襲う。(シネマトゥデイ)


 母の「見たい!見たい!!」攻撃に負けて、観に行ってきました。

 ご近所のワーナーマイカル・エアリでは月曜日がレディースデイと
いうこともあって、お子ちゃま&ママ&ばあば、女の子仲間、母娘、
女性がいっぱいのチケット売り場となっていました。

 上映ホール内も9割が女性・・・・で、子どもとお犬が主役の映画
とくれば、もちろん、あちらでもこちらでも涙・涙です。「かわいそう」
としゃくりあげながら、声を大にして泣いている子ども達もひとりや
ふたりではなく・・・・それがまた呼び水になって泣けてくるものだか
ら、目から鼻から呼吸から、ホントに苦しかったです。

 こういう号泣間違いなしの映画は、映画館で観てはいけないわ。
だから、『犬と私の10の約束』はどんなに母に誘われても、映画館
では観ないことにします。だって、マリは生き残っていることがわか
っていたけれど、ソックスは虹の橋に行ってしまったんですもの。

 帰宅後、太平楽にお昼寝している我が家のお犬・コロ姫をいつも
以上になでなでしまくった私でした。

# by sakura-3rd | 2008-01-14 19:36 | 映画&読書 | Trackback | Comments(2)

けえかほおこく

 冬休み明けの実力テストの採点が終わりました。

 「暗記が苦手で・・・・」と思っている人は、しっかり手を動かして
(正しい漢字で書いて)覚える作業が不足していませんか?

 毎年、「字を書くのが面倒くさい」と主張する生徒が増えてきて
ノートをとる時間の差がどんどん大きくなっています。話をききな
がらメモを取ることができているのは、テストの得点上位者のみ。
「活字離れ」は読むことだけでなく、書くことでもいえるようです。

 でもね、お料理の本を見ているだけで、おいしいご飯が作れる
ようにはならないのと同じで、教科書を見ているだけで、書いて
あることが頭に入って、その結果、テストで高得点が取れるよう
にはならないものなのですよ・・・・。

 ということで、採点を終えての一言。

 「さくら♪せんせいわぼくがおぼえたことやわすれてはいけないことや
  これからてすとまでにべんきおしたことわぜんぶかいておきなさい
  といった。」

元ネタはもちろん、これ!

# by sakura-3rd | 2008-01-12 23:41 | 学校だより | Trackback | Comments(0)

カントの名言といえば

”笑いは消化を助ける。胃酸より遥かに効く。”

  気のおけない人たちと、おいしいものを食べて、会話を楽しむ。
  なんとも贅沢な時間の使い方ですよね。

  今年はそういう時間をたくさんつくりたいと思っています♪

# by sakura-3rd | 2008-01-10 22:58 | 言の葉 | Trackback | Comments(0)

お酒に例えると

ハッピードリンク診断

 私は・・・・

 〈梅酒タイプ〉

 女性向けのやさしい味わいと「癒やし」をイメージする『梅酒』のように、
優しさと母性本能にあふれるあなた。古風で控えめな性格は、梅の木が
持つ正統派の美しさとたたずまいを連想させます。研究心旺盛な知性派
タイプで、面倒見もよく指導力に優れています。感情表現が上手くなく、
周囲から誤解されることもあるでしょう。ネガティブにならず、常に前向き
になるよう心がけましょう。



 アルコール指数が極めて低い我が家では、毎年「梅酢」を作っています。
あっつい夏に、かき氷にかけて食べるととってもおいしいので大好きです♪

# by sakura-3rd | 2008-01-10 01:18 | 体調&徒然 | Trackback | Comments(0)

こわいものみたさ

股旅ネコさまの スウィーニー・トッドは 実在した? へのTBです。

 耳の調子が悪くなって以来、映画館から足が遠のいていた私ですが、
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」は、ぜひ観に行きたい
と思っています。

 「シザー・ハンズ」のイメージは忘れて行った方がいいのでしょうか?(笑)

 作品ごとにまるで別人!になるジョニー・デップは、本当に素晴らしい
役者さんだと思います。映画、楽しみです♪

# by sakura-3rd | 2008-01-10 01:03 | 映画&読書 | Trackback | Comments(1)

おとこは

d0137604_0215211.jpg


 先代・有隣斎宗匠の書で、
 「子日(ねのひ)には・・・<続きは各自お読み下しを>・・・」です。
 
 今年の干支「子(ね)」に因んだお床となりました。

More

# by sakura-3rd | 2008-01-10 00:24 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

NGワード

誤字脱字 です・ます・である 「すごい」文 嗚呼美しき 日本語何処

 冬休みの課題(講演の感想文)を読んでいます。
 4月当初にくらべれば、赤ペンの使用頻度も低くなりました・・・・が、
相変わらず「すごい」の一言で、プラスもマイナスもあやふやに表現し
ている文章が気にかかります。

 例えば、「仙台空襲の時のお話をうかがって、あらためてすごいこと
だったんだと思いました。」という文章。気持ち悪いです・・・・

 「すごい」という表現を使わず、もっと別の言葉で具体的に表現する
ようにと注意は促したのですが、日常会話で当たり前のように使って
いる言葉だけに、浸透率はなかなか上がりません。

 おいしいものを食べた時も、素晴らしい景色を見た時も、「すごい!」
「すごい!」言っているだけで仕事になるのは情報番組のレポーター
くらいです。(映像があるから、それでも許されるのでしょう)

 語彙を増やし、読む人にきちんと伝わる文章を書こう、という気持ち
を忘れずに。

# by sakura-3rd | 2008-01-10 00:19 | 学校だより | Trackback | Comments(3)

順調に回復中

 昨日、耳鼻科に行ってきました。
 鼓膜と内耳の炎症はすっかりおさまり、あとは聴力の回復を待つ
ばかり。右耳の閉塞感が相変わらず続いていたので、聴力検査の
結果はあまり良くないのだろうと思っていたのですが・・・正常範囲
の一番下あたりには入っていたらしく、「順調に回復しているみたい
ですね。」とのこと。

 そういえば、私の左耳、実はかなり小さい音まで拾えてるらしい
から(以前、受診した時の検査でそういわれてましたっけ)、右耳
の聞こえづらさが余計に気になるのかもしれません。

 薬もなくなり、来週は聴力検査にだけ行く予定です。
 そろそろ車の中で音楽を聞いても大丈夫かなぁ?

# by sakura-3rd | 2008-01-09 22:44 | 体調&徒然 | Trackback | Comments(1)

写真が大きい?

 せっかく初釜の様子をみゅう(デジカメ)で撮ってきたのに、
ブログにupするにはサイズが大きすぎるのかしら?エラーに
なってしまって、表示できません。

 さて、これはどうすればいいのでしょう・・・・困りました。

# by sakura-3rd | 2008-01-07 22:10 | お出かけ | Trackback | Comments(6)