ありのままを、あるがままに

人の思う「良いこと」が自然界にとっても「良いこと」とは限らない。
 人が「何かしてあげよう」と思うのはおこがましい。
  自然界の生き物達は、 「人間たちよ、何もしてくれるな」と
   思っているに違いない。

                  中村征夫/いわき市での講演会より


 講演会の会場にいた小学生が、質問した。
 「今まで何匹の写真を撮ったのか」と。
 中村氏は、少し考えてから答えた。
 「だいたい78か国で、1000種類くらいの魚を撮った。
 まだチョットしか撮ってないから、これからもっといっぱい撮りたいんだよ」と。

 それをきいて、別の小学生が、なんの衒いもなく質問した。
 「もっといっぱいって、どんな写真が撮りたいの?」
 純粋な疑問だったからこそ、思わず壇上の中村氏を見ながら、息をのんだ。
 そんなファン心理などおかまいなしに、氏はとても嬉しそうな笑顔で答えた。

 「撮るために、カメラのレンズは向けるけれども、
  撮りたいのは、フィルターを通さない自然の真の姿。
  それをたくさんの人に伝えられる写真が撮りたいんだ」と。

 ありのままを、あるがままに。

 自分の目についた余分なフィルターを外して、彼が見せてくれる世界を
 純粋に楽しみたいと思った。これからもずっと。
[PR]

by sakura-3rd | 2009-02-04 23:08 | 言の葉 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sakura3rd.exblog.jp/tb/9296343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。