やすまるさんの五首選 「空」

恵まれて大川の土手の春に咲きそのひとひらをひとにささげる

なつやすみ好き放題にのびきった生け垣の上にひまわりわらう

天使としてつかえた日々を洗いきよめぱんと広げて干す千の秋

晶々と泉のようなあなたから噴き上がり思惟は星図を描く

指先の会話をおえてそれぞれに朝のてのひらは羽ばたいて行く


                              やすまる より


 たくさんの言の葉の中から、心に触れたお歌を集めました。
 五首を選ぶことの難しさは、私の感性の鈍さかもしれません。しかし
その鈍さのおかげで、苦しさよりも面白さが勝っているのだと思います。

 集めたお歌の順番を入れかえたりしながら(もしかしてご法度?)私の
中に「やすまるさんの世界」を創り上げてみました。

 どのお歌も、大きくて気持ちの良い空が見えました。
 春、夏、秋、そして星がきれいに見える冬。
 いつの季節も空に向かって羽ばたいて行く、始まりの朝。

 やすまるさん、ありがとうございました。
[PR]

by sakura-3rd | 2008-11-17 00:39 | 百歌繚乱~題詠~ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sakura3rd.exblog.jp/tb/8932223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。