010:蝶(さくら♪)

春空をこの胸の中に抱きしめる と光のカノン聴きつつ



パッヘルベルの「canon」が好きです。

バロック時代のポリフォニーが創り出すハーモニーについて、なんて
小難しく語るのではなく、もっと単純に、音と音とのおいかけっこ♪を
楽しめる曲だと思うからです。

軽やかで、楽しげなおいかけっこが、先になり後になり・・・・

私にとってcanon♪は、厳粛な雰囲気のセレモニーよりも、あったかい
春の野原でのピクニックのイメージなのです。

by sakura-3rd | 2008-03-31 20:20 | 題詠2008(100首)