カテゴリ:題詠2015(100首)( 103 )

2015年の題詠100首(+1首)

001:呼  大丈夫 ひとりぼっちじゃないからね 君を呼ぶ声届いてますか

002:急  大丈夫 いつでもここで見てるから あなたの道を急がず歩め

003:要  大丈夫 道は遙かに続いてる 必要なのは折れない心

004:栄  大丈夫 私がずっと覚えてる 栄ちゃんのことあの日とともに

005:中心  大丈夫 えこひいきなしズルもなし 中心線をまたいで笑う

006:婦  貴婦人と老婆がともに見えたなら 許してあげるいつかどこかで

007:度  何度でも何度でも言うよ 生きていて 君を見てるよ ひとりじゃないよ

008:ジャム  信州の山の香詰めし桑の実ジャム 喜寿を過ぎたる伯父より届く

009:異  君だけの特異能力発揮して チチンプイプイえがおになぁれ

010:玉  お揃いのリュックで揺れるトンボ玉 夕焼け空を映して帰る

011:怪  虫かごと麦わら帽子セミの声 みんなが怪獣だったあの夏

012:おろか  眠られず北天の星見上ぐれば おろかがゆえに想い募りぬ

013:刊  子ども産むわかりに本を生みましょう 新刊名はじいじが付けて

014:込  一瞬の静寂すべて青になる 両手広げて夏に飛び込め

015:衛  傷ついた心とともに生きている 自衛手段のひとつが笑顔

016:荒  白髪見せ荒れ地の魔女の呪いだと はしゃげるうちが華かもしれず

017:画面  青空を光る画面に変える夏 虹の向こうで白がはじける

018:救  何気なく交わす言葉の端々で傷ついてたり救われてたり

019:靴  まっしろい翼のついた靴はいて現実(いま)を飛び出し空でスキップ

020:亜  はじまりは亜愛一郎 軽妙な謎解きが好き 江戸川コナン

021:小  さぁどうぞ♪ 小さな恋の物語 ここから先はあなたが主役

022:砕  夢を追いがんばる君を見ているよ 弱音泣き言砕いて進め

023:柱  君たちが柱になれと託された世界は広く重く愛しい

024:真  寄せ書きの色紙で笑うクラス写真 あなたがそこで生きてた証

025:さらさら  好きだけで充分でしょう 辞める気はさらさらないとキッと見返す

026:湿  熱くなれ 息をのむよな接戦に湿る手のひら信じてにぎる

027:ダウン  大丈夫 我慢しなくていいんだよ スローダウンしふんわり笑う

028:改  憲法を改正すると言うけれど 一体何を正すのだろう

029:尺  我慢して他人(ひと)の尺度に合わせるな 君の世界の仲間と歩め

030:物  しっかりと地球を抱いて立つ君がたったひとつの宝物だよ

031:認  壁ドンの告白それを認めたら 負けた気がしてズルイと思う

032:昏  ため息の意味さえ変えてしまうよう 黄昏色に染まる猫の目

033:逸  いつだって目を逸らさずに見てるから ズルせず拗ねず誠実であれ

034:前  無理しても顔を上げてよ 目の前の空はいつでもつながってるよ

035:液  くじけない君との約束だったよね 夢とやる気の液体スプレー

036:バス  大空を翔けるバスから乗り出して雲をかきわけ光降らすよ

037:療  ポンポンと頭に二回触れた手がへこんだ君の治療薬だね

038:読  読む人も書く人もみな信じてる 本の世界は自由なのだと

039:せっかく  今宵こそ月の光と踊りましょう せっかくだからお気に召すまで

040:清  人々の歓喜も悔いも見続けて夏色空は清冽な青

041:扇  はにかんで真っ赤な顔を扇ぐ手がまぶしく見える花火大会

042:特  特Aの評価を三つもらったら踏み出せるかも 君への一歩

043:旧  人類の進化をたどる語呂合わせ 猿の原くん旧(いちにち)新人

044:らくだ  校庭に白でらくだの絵を描いた 誰か気づいて ボクヲミツケテ

045:売  ためこんだストレス全部売りますよ 爆発力はハンパないです

046:貨  この奇貨は俺たちが取る 声をあげ鼓舞する人の背中見守る

047:四国  イタリアとスイスフランスイギリスの四国道中やじさん求む

048:負  一瞬ではじける笑顔見れるならジャンケンくらいいつでも負けちゃる

049:尼  肩にふれツンツンはねる髪笑う 尼削ぎなるはうつくしきかな

050:答  欄外の絵も字もすべて汲み取って赤丸つける解答用紙

051:緯  白石の北緯三十八度線 みんなで並びはじめの一歩

052:サイト  真夜中に覗くいつものウェブサイト 君を見ている ボクニキヅイテ

053:腐  夏休みプチダイエット計画の主役は白く冷たい豆腐

054:踵  新しい制服の裾ソワソワし踵爪先危うい歩み

055:夫 ためこんだ不満と不安解き放つ「大丈夫だよ」心に着信

056:リボン 気合いこめリボンをキュッと結んでた 見えない敵に負けないように

057:析 完璧な自己分析って言葉とか使ってみたい十七の秋

058:士 竹刀振るボクってやっぱカッコイイ 青い瞳の少年剣士

059:税 ならいっそ累進課税方式で どんな議題だ生徒総会

060:孔雀 正解はペンギンだけど孔雀って答えるきみが好きだから〇(マル)

061:宗 独眼竜政宗公のダンディズム身の内に持つわれら伊達っ子

062:万年  こんなにも面白いもん他にない 万年補欠と笑われたって

063:丁  武士たちの名残の一字知らぬ子が 片平「丁」のキャンパス歩く

064:裕  かわいくて ただかわいくて かわいくて 生まれたばかりの妹裕子

065:スロー  いつだって メゲズ 腐らず あきらめず 笑って生きるがスローガンです

066:缶  恥じらいも空の彼方に消えるよな 星降る夜のドラム缶風呂

067:府  家康がついに開きし江戸幕府 犬 米を喰いケーキで終わる

068:煌  黄金時代(ゴールデンエイジ)を生きるキミたちの煌めく今に魅せられている

069:銅  平成のヤマトで生きる子孫らにエールを送ろう 銅鐸を振れ

070:本  一心に願いをこめた声とどけ 子どもたちには銃より本を

071:粉  お別れを告げる間もなく奪われた命の名残揺れる粉雪

072:諸  目指すのは諸手をあげて受け入れるデッカイ心伝える言葉

073:会場  ハイタッチ! 熱気あふれる会場の緊張はじけ駆けのぼる声

074:唾  本当は唾じゃないって思うけど USJでひきつる笑顔

075:短  この地球(ほし)を包む大気のごと愛す 一長一短なくて七癖

076:舎  小岩井の一本桜とぴょんぴょん舎 五月の風が薫る約束

077:等  気づいたら追い越されてた夢も背も等しくはないつまり 好きです

078:ソース  やわらかい猫とプリンに癒されて甘い香りのカラメルソース

079:筆  息止めて真横にはらう筆の跡 しんかんせんがビューンって感じ

080:標  踏み出せばきっと景色は変わるから標なくとも歩いて行こう

081:付  子猫らにゆるむ笑顔を隠し撮りメールに添付 ダイジョウブです

082:佳  伝説の天香佳花見つけたか 宇宙飛行士月面に舞う

083:憎  最高の仲間それぞれ別れ行く卒業式は生憎の雨

084:錦  オレだって! ピンチの時は幻の錦織目がけ放つスマッシュ

085:化石  縄文の化石にのこる小さき手 かすかな時をさやかに生きた

086:珠  さらさらと想いの欠片こぼれ落ち有珠山に降るパウダースノウ

087:当  鬼笑う話のできる友がいて自慢に思う適当人生

088:炭  炭酸は苦手だからとおしるこの缶を飲み干す彼が好きです

089:マーク  腕に巻くキャプテンマークひるがえし仲間と走る 勝利のために

090:山  ドリカムの晴れたらいいねハミングし笑顔をつれて 山へ行こう♪

091:略  略さずに全部聞かせて欲しいから それでとなんで交互に使う

092:徴  特徴のひとつひとつが愛おしく今日も一日きみを見ていた

093:わざわざ  落ちこんだ時だけでいい目の前でわざわざ言って大好きだって

          へこんでる時にはきっとそばにいてわざわざ言うよ大好きだって

094:腹  空気読み静まり返った教室で なぜに鳴り出すあたしのお腹

095:申  ただきみの笑顔が見たい だから今どんな嘘でも申し上げます

096:賢  大好きな春に寂しくサクラチル ならば私は賢くあろう

097:騙  大好きなきみを笑顔で騙してる 凍えた胸にサクラサクまで

098:独  独特のフォームで風を従えて光の中へ走り出すきみ

099:聴  この声と共に生きてく 補聴器の助け借りても最期の日まで

100:願  教え子の合格祈願 いくとせも変わらぬ想い持ちて向き合う
[PR]

by sakura-3rd | 2015-12-01 01:06 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

完走報告(さくら♪)

5年ぶり、3回目の完走です!( & 鑑賞は初完走です!)

お題から思い浮かんだ景色を、その時々で詠みました。
100首並べたら、凸凹不格好が目立つことでしょう。

それでも、なんとか完走できたことを報告できて、うれしいです。

一緒に走って下さった皆さん、見守って下さった皆さん、
ありがとうございまいた。
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-30 01:45 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

100:願(さくら♪)

教え子の合格祈 いくとせも変わらぬ想い持ちて向き合う

おしえごの ごうかくきがん いくとせも
かわらぬおもい もちてむきあう
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-30 01:09 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

099:聴(さくら♪)

この声と共に生きてく 補器の助け借りても最期の日まで

このこえと ともにいきてく ほちょうきの
たすけかりても さいごのひまで
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-29 23:55 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

098:独(さくら♪)

特のフォームで風を従えて光の中へ走り出すきみ

どくとくの ふぉーむでかぜを したがえて
ひかりのなかへ はしりだすきみ
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-29 23:02 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

097:騙(さくら♪)

大好きなきみを笑顔でしてる 凍えた胸にサクラサクまで

だいすきな きみをえがおで だましてる
こごえたむねに さくらさくまで
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-29 21:54 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

096:賢(さくら♪)

大好きな春に寂しくサクラチル ならば私はくあろう

だいすきな はるにさびしく さくらちる
ならばわたしは かしこくあろう
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-29 21:05 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

095:申(さくら♪)

ただきみの笑顔が見たい だから今どんな嘘でもし上げます

ただきみの えがおがみたい だからいま
どんなうそでも もうしあげます
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-29 20:29 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

094:腹(さくら♪)

空気読み静まり返った教室で なぜに鳴り出すあたしのお

くうきよみ しずまりかえった きょうしつで
なぜになりだす あたしのおなか
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-17 12:57 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)

093:わざわざ(さくら♪)

落ちこんだ時だけでいい目の前でわざわざ言って大好きだって

へこんでる時にはきっとそばにいてわざわざ言うよ大好きだって
[PR]

by sakura-3rd | 2015-11-16 16:20 | 題詠2015(100首) | Trackback | Comments(0)