カテゴリ:題詠2013(30首)( 34 )

題詠2013(001~030)

001:新
新たなる言葉の力届けたい
今年は君に詠む百の歌

002:甘
甘すぎるうすくれないの春の風
会いに行くよと君に伝えて

003:各
各国の首都の名前をそらんじて
キトより遠い君のこと想う

004:やがて
やがて春
731日の日々を話そう
君と語ろう

005:叫
叫べども 叶わぬ願い封じ込め
玻璃の風船
君住む空へ

006:券
券と巻 書き間違えた答案も
柱の傷も
愛おしむ君

007:別
別れではないと微笑む君がため
泣きたい昨日 泣かない明日

008:瞬
瞬きを忘れし君が見はるかす
光降る世をしばし留めん

009:テーブル
テーブルの下でからめた指と指
君のすべてを守りたかった

010:賞
賞も非もどこ吹く風と受け流す
ひだまり猫と君が好きです

011:習
習うより慣れろは至言
胸張って言い切る君の努力に拍手

012:わずか
わずかなる面影揺れる山の端に
入りて消え去る君ぞかなしき

013:極
極上の真綿のような君がいて
一陣の風桜舞い散る

014:更
更紗着て赤い鼻緒の下駄鳴らし
夏より早く君に会いたい

015:吐
吐き出した弱音と涙許すごと
君の蝋梅ひそりと咲きぬ

016:仕事
仕事着の皺と残り香 さっきまで
そこにいた君
ドコニイルキミ

017:彼
彼岸花咲き揃いたる山里に
霧立つ時ぞ君が声聞く

018:闘
闘いに倒れし君を照らすゆえ
今宵の月はあわれ冴えゆく

019:同じ
同じ朝かさねてつけし腕時計
君は左に私は右に

020:嘆
嘆きつつ桜吹雪の道行かば
君への想いまして積もれり

021:仲
仲介をナカスケと読んで笑わせた
君のバカさと優しさ想う

022:梨
梨咲いて若草の野に君が行く道開けたり
強い風吹く

023:不思議
不思議かな癒しの森に降る雨は
蒼き残響ひんやり留む

024:妙
妙なる音髪に衣に纏う夜
月の魔力をこの身に宿す

025:滅
滅びへと導くものと知りてなほ
愛しき御顔抱きて堕ちむ

026:期
期せずして微笑む大人の君がいて
夢と知りせば覚めざらましを

027:コメント
コメントはしなくていいよ
とりあえずがんばれたから
がんばれるから

028:幾
幾億の星の輝き絶え間なく明日を育む人の世照らせ

029:逃
逃げたっていいからどうか生きていて
寄り添いあえばあったかいから

030:財
財ならばここにと
そっと瞳閉じ抱いた胸や
秋桜笑う
[PR]

by sakura-3rd | 2013-12-31 20:47 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

030:財(さくら♪)

ならばここにと
そっと瞳閉じ抱いた胸や
秋桜笑う


ざいならば ここにとそっと ひとみとじ
いだいたむねや こすもすわらう
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-31 23:26 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

029:逃(さくら♪)

げたっていいからどうか生きていて
寄り添いあえばあったかいから


にげたって いいからどうか いきていて
よりそいあえば あったかいから
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-25 23:27 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

028:幾(さくら♪)

億の星の輝き絶え間なく明日を育む人の世照らせ

いくおくの ほしのかがやき たえまなく
あすをはぐくむ ひとのよてらせ
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-25 21:44 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

027:コメント(さくら♪)

コメントはしなくていいよ
とりあえずがんばれたから
がんばれるから

[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-13 10:57 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(1)

026:期(さくら♪)

せずして微笑む大人の君がいて
夢と知りせば覚めざらましを


きせずして ほほえむおとなの きみがいて
ゆめとしりせば さめざらましを
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-11 15:17 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

025:滅(さくら♪)

びへと導くものと知りてなほ
愛しき御顔抱きて堕ちむ


ほろびへと みちびくものと しりてなお
いとしきみかお いだきておちん
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-10 00:59 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

024:妙(さくら♪)

なる音髪に衣に纏う夜
月の魔力をこの身に宿す


たえなるね かみにころもに まとうよる
つきのまりょくを このみにやどす
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-10 00:54 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

023:不思議(さくら♪)

不思議かな癒しの森に降る雨は
蒼き残響ひんやり留む


ふしぎかな いやしのもりに ふるあめは
あおきざんしょう ひんやりとどむ
[PR]

by sakura-3rd | 2013-08-10 00:48 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)

022:梨(さくら♪)

咲いて若草の野に君が行く道開けたり
強い風吹く


なしさいて わかくさののに きみがいく
みちひらけたり つよいかぜふく
[PR]

by sakura-3rd | 2013-02-20 00:40 | 題詠2013(30首) | Trackback | Comments(0)