カテゴリ:杜の都( 40 )

ハイキュー!!でおなじみの仙台市体育館で運動会でした

d0137604_1742712.jpg



                なんとも不気味な顔のオブジェ。
                ホントにあるんですよぉ(^^;

                『ハイキュー!!』では、重要なシーンとして
                男子トイレが何度か出てきますが・・・・
                さすがに、写真には撮れませんでした。

                『ハイキュー!!』サードシーズンの開始が
                すっごく、すっごく、待ち遠しい!!です。
  
[PR]

by sakura-3rd | 2016-05-02 17:04 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

杜の都 光の夜

d0137604_001624.jpg

[PR]

by sakura-3rd | 2015-12-24 00:00 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

コンサート日和

d0137604_1238527.jpg


街路樹が色づき始めた杜の都にて、本日開催。

仙台ジュニアオーケストラ第25回定期演奏会。

 モーツァルト「魔笛」序曲
 ブラームス 大学祝典序曲
 ヒンデミット ウェーバーの主題による交響的変容

教え子の晴れ舞台、楽しんできます♪
[PR]

by sakura-3rd | 2015-10-18 12:38 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

アース&ムーンキャンディ

d0137604_12115582.jpg


d0137604_1211554.jpg


今、話題!

仙台市天文台のアースキャンディとムーンキャンディをゲット!

地球も月もきれいです。

イチゴ風味ということで……

「地球も月も甘かった♪」
[PR]

by sakura-3rd | 2015-09-10 12:11 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

那智神社のHな樹

d0137604_14494416.jpg

d0137604_14494457.jpg


本堂と鐘楼堂の間にあるこの樹、「H」(アルファベットの大文字)に見えるのは
私だけ?
[PR]

by sakura-3rd | 2015-07-04 14:49 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

古代杉「山一」

d0137604_1056757.jpg



名取の熊野那智神社にある古代杉には「山一」という名前がついている。

遠く太平洋まで見はるかす、樹齢八百年を越える大きな大きな杉の樹には
平安の昔と平成の今が、どのようにうつっているのだろうか。


d0137604_1056838.jpg

[PR]

by sakura-3rd | 2015-06-30 10:56 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

名取・熊野那智神社

d0137604_17312457.jpg


d0137604_17312490.jpg


d0137604_17312418.jpg



先週、私が生まれる前から親しくしていた、父の先輩が亡くなりました。

突然の訃報に驚いて駆けつけると、まるで眠っているような安らかなお顔。

いつも穏やかな笑顔でお話される方でした。

お通夜の席では、私が生まれた頃からの、数々の思い出話に花が咲きました。

どんなお話の中でも、いつも笑っていたお顔ばかりが浮かんできます。

そういう方でした。

私が小さい頃に抱っこや肩車をして遊んでくれた、息子さん(亡くなった
おじさんにそっくりです)が、那智が丘に住んでいて、「親父は、うちに
来ると、よく那智神社までお参りに行っていたんだ」と話してくれました。

熱心な熊野信者であった名取老女に起源を持つ、名取熊野三社のひとつ。

故人を偲びつつ、熊野那智神社に行ってきました。
[PR]

by sakura-3rd | 2015-06-25 17:31 | 杜の都 | Trackback | Comments(1)

知っているけど、行ったことない、青葉まつり

昨日、今日と仙台市内では「青葉まつり」が開催されています。

・・・・といっても、私は毎年ニュースでながめる程度。

地元民が「知っているけど、参加したことがない仙台のおまつり」の
第2位になっているとのこと。
(ちなみに第1位は、「みちのくYOSAKOIまつり」)

参加したことのない地元民が多いけれども、調査によれば、もっと
PRすべきおまつりの第1位も「青葉まつり」だそうです。

では、その「青葉まつり」の歴史を少し・・・・。

「青葉まつり」の起源は、江戸時代までさかのぼります。
徳川家康公を祀る仙台東照宮では、毎年9月17日に「仙台祭」が行われて
いました。これは仙台藩最大のお祭りで、たくさんの山鉾が仙台城下を練り
歩いたそうです。

明治7年に伊達政宗公を祀る青葉神社ができると、「仙台祭」は青葉神社の
礼祭に変わり、「青葉祭り」と呼ばれるようになりました。神社名だけでなく
開催日が政宗公の命日である5月24日、青葉の美しい季節であることからの
愛称かもしれません。

しかし昭和40年代後半になると、仙台の中心街での山鉾巡業は交通事情等に
より難しくなり、途絶えてしまいました。

昭和60年、政宗公没後350年を迎えるにあたり「市民がつくる市民のまつり」
として「青葉まつり」は復活しました。昭和63年の第3回からは、市民がみんな
で踊れるようにと定型化した「すずめ踊り」が踊られるようになりました。

平成23年の青葉まつりは東日本大震災のため中止となりましたが、市民がつくる
「青葉まつり」は今年で31回目を迎えます。



おまけ
 5月16日(土)の宵まつりでは、史上最高の参加人数(4500人超)による
「すずめ踊り」と、震災後の28回青葉まつりから加わった復興祈願山鉾を含む
 山鉾が提灯のあかりの中で幻想的な美しさを創出します。

 5月17日(日)の本まつりでは、伊達家第18代当主・伊達泰宗氏を始めとする
 勇壮な甲冑姿の「武者行列」、青葉神社の「神輿渡御」と「稚児行列」、そして
山鉾巡行」の後、「すずめ踊りの大流し」と続く時代絵巻の大パノラマが繰り
 広げられます。

 第30回の今年は、武者行列に姉妹都市宇和島市の市民による伊達秀宗公(政宗の
 長男で初代宇和島藩主)役を加えて華を添えます。

 また、勾当台公園では、城下町のまつりを再現した「伊達縁(だてえん)」を開催。
 伝統工芸の職人さんがあつまる「職人屋台」では、その匠の技を間近で見て、
 体験できたりします。他に、お笑いが楽しめる「青葉寄席」、大学生が運営する
 餅つきや射的、お化け屋敷などの遊戯場・・・・など盛りだくさん。

  市民広場では、政宗公が美食家だったことから、仙台市や宮城県など、伊達藩の
 うまいものや物産を集めた出店が軒を並べる「杜の市」が両日開催。

 すずめ踊りや郷土芸能等が行われる「伊達の風ステージ」を楽しみながら、美味い
 もので舌鼓。見て聞いて、踊って、食べて、楽しめるのが青葉まつりの醍醐味です。

 杜の都・仙台が一番美しい季節、「青葉まつり」を見に訪れてみて下さい。
[PR]

by sakura-3rd | 2015-05-17 11:40 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

東日本大震災復興祈念ジョイントコンサート

d0137604_13295134.jpg


開演まで、あと30分。

テスト作成は一時棚上げして…(笑)

楽しみたいと思います。
[PR]

by sakura-3rd | 2014-09-13 13:29 | 杜の都 | Trackback | Comments(0)

はらこめしプリン

d0137604_2181238.jpg

亘理名物はらこめし!

…のプリンです♪

本物そっくりで、「え?もう、はらこめしの季節?」ってリアクション続出(笑)

はらこは、タピオカを使ったオレンジゼリー。
鮭は、これまた亘理名物イチゴを使ったババロア。
中の白飯は、生クリーム。
一番下の炊き込みご飯は、カラメルプリン。

はらこめしの見た目にこだわりつつ、手間暇かけて作られた、と〜っても美味しいプリンです♪

亘理のはらこめしファンの方、ご当地プリンファンの方、ぜひ一度ご賞味下さいませ。
[PR]

by sakura-3rd | 2014-08-28 21:08 | 杜の都 | Trackback | Comments(1)