うつっているのは?

4階のトイレの鏡が知っているあなたにあげるはずだった笑み
                       志慧 (ケミカルライツ) より

この顔を全部知ってる鏡には作り笑いは無駄だと知った
                  ふみまろ (光る風の記憶) より

***************** 題詠2009 「001:笑」

「鏡」つながりの2首。

私は眼鏡をはずしたら、鏡にうつる自分の顔がぼやけてしまいます。
手鏡でジッと見る時は顔の一部しか見えません。

自分でも全体を把握していない顔を常に映し出している鏡。
もし鏡に言葉を持たせたら・・・・一体どんな主張をしてくるのでしょう?

ききたいような、ききたくないような。
[PR]

by sakura-3rd | 2009-03-09 20:54 | 百歌繚乱~題詠~ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sakura3rd.exblog.jp/tb/9442093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふみまろ at 2009-03-14 13:28 x
さくら♪様、はじめまして。
ブログへのご訪問ありがとうございました。

僕のこの「笑」の歌は、志慧さんのそれとは何の関連もなく、たまたま鏡つながりになっていて驚いているのですが、そういえば鳥羽省三さんも同じく二首一対でご紹介くだされていました。

面白いものですね♪

僕は短歌をはじめてまだ半年に満たないのです。ですから日々皆さまの歌を拝読して勉強しています。参加者にはマイミクさんもいるので、ミクシーのコミュの方にもお邪魔しますね。

どうもありがとうございました。
Commented by sakura-3rd at 2009-03-16 22:30
ふみまろさま

ようこそ、いらっしゃいませ~
一首、一首、皆さんが思いを込めて作られたお歌を
読ませていただいてます。素人なので、「批評」など
だいそれたことはできません(^^:)

私がそのお歌から感じたことを、文章にしています。
こういう鑑賞もありかなぁ・・・・ということで、読んで
いただければさいわいです。

mixiの応援団。
参加者の皆さんが横のつながりを持つ場所のひとつに
なれたらいいなぁと思っています。