012:ダイヤ(さくら♪)

球児らがダイヤモンドで風になる 蒼い玉響(たまゆら)輝ける春



高校野球には、プロ野球にはない 「今」 がある。
二度とは訪れない 「今」 を駆け抜けていく・・・・
舞台は春の甲子園、キラキラ輝くダイヤモンド。
[PR]

by sakura-3rd | 2008-04-02 23:48 | 題詠2008(100首) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sakura3rd.exblog.jp/tb/7624166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blue-umiusagi at 2008-04-03 00:48
高校球児
年上のお兄ちゃんたちだったのが同級生になり、やがて年下くんになり、いつのまにか親子と言っても十分通じるようになってきました。
“せえしゅん”している彼らが好きですけどね。
Commented by sakura-3rd at 2008-04-03 03:25
うみうさぎさま
同じグランドに立つことはもうなくなりましたが、
アルプススタンドには応援席が設けられていますよ。
もちろん、父兄席とは別です!(笑)
母でない私は、このままずっと応援席から見ていたいと
思うのですが・・・・いっそ実況席から俯瞰しちゃいますか?