010:蝶(さくら♪)

春空をこの胸の中に抱きしめる と光のカノン聴きつつ



パッヘルベルの「canon」が好きです。

バロック時代のポリフォニーが創り出すハーモニーについて、なんて
小難しく語るのではなく、もっと単純に、音と音とのおいかけっこ♪を
楽しめる曲だと思うからです。

軽やかで、楽しげなおいかけっこが、先になり後になり・・・・

私にとってcanon♪は、厳粛な雰囲気のセレモニーよりも、あったかい
春の野原でのピクニックのイメージなのです。
[PR]

by sakura-3rd | 2008-03-31 20:20 | 題詠2008(100首) | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://sakura3rd.exblog.jp/tb/7602987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ~言の葉~ at 2008-05-11 09:09
タイトル : ちょっと一息(1)
例によって素敵な短歌たちを書き留めておきます。 006:ドラマ  何度でも僕らは出会う 神様はちいさなドラマの始まりを待つ    ( 太田ハマルさん http://blogs.yahoo.... more