よだかの星(宮澤賢治記念館入口)

d0137604_2383387.jpg


        宮澤賢治 『よだかの星』 あらすじ (ウィキ~より)

        よだかは、美しいはちすずめやかわせみの兄でありながら、
       容姿が醜く不格好なゆえに鳥の仲間から嫌われ、鷹からも
       「たか」の名前を使うなと改名を強要される。

        自分が生きるためにたくさんの虫の命を奪っていることを
       嫌悪して、彼はついに生きることに絶望し、太陽へ向かって
       飛びながら、焼け死んでもいいからあなたの所へ行かせて
       下さいと願う。太陽に、お前は夜の鳥だから星に頼んでごらん
       と言われて、星々にその願いを叶えてもらおうとするが、
       相手にされない。

        居場所を失い、命をかけて夜空を飛び続けたよだかは、
       いつしか青白く燃え上がる「よだかの星」となり、今でも夜空で
       燃える存在となる。





 小学校の時、読書感想文用に読んで・・・・へこんだお話。

 学生時代も今も、入り口前でこのレリーフを見ると、また
せつな~い気持ちになってしまう (^^;)

 成長していないのかなぁ・・・・
[PR]

by sakura-3rd | 2012-05-11 23:08 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sakura3rd.exblog.jp/tb/15853149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。